採用情報RECRUIT

先輩スタッフの声

配車担当として、いただいた仕事とトラック、ドライバーの段取りをする司令塔のような業務を担当しています。 M 茨城営業所 所長/配車担当

茨城営業所の所長として、いただいた仕事とトラック、ドライバーの段取りをする司令塔のような業務を担当しています。それぞれのドライバーは性格や個性が違うので、それぞれの特性を把握しながら仕事を効率よく割り振っていくところが、この仕事の腕の見せ所です。自分自身もドライバーだったので、ドライバー側の立場や気持ちを理解しつつ、コミュニケーションを取りながら仕事の段取りを組み立てています。
自分から見て、代表はお兄ちゃんのような存在です。お父さんではなく、お兄ちゃんです。このニュアンス、分かっていただけるでしょうか。何でも相談できる頼もしい兄貴、ですね。そんな代表と思いを共感している人が集まった会社なので、家族のような雰囲気すらあります。しかし、設立当初と違って今は人数も多くなって企業としての仕組みも作っていなければなりません。家族感だけでは会社を運営できないと感じる部分もあるので、時代に合わせた社内の態勢づくりを心がけています。
とても明るい社風で、頑張った人にはしっかりと返ってくる会社です。人同士なので合う、合わないはあると思いますが、人間的な好みだけで人を評価することはなく、頑張ろうとしている人には手を差し伸べてくれる人たちばかりなので、そこが魅力だと思います。

ドライバー職の面白いところは、日本中の色んな地方に行けるところですね。 K 堺営業所 所長

ドライバーとして、今年で15年目になります。親戚のおじさんがトラック乗りをやっていて、子供ながらにカッコいいなと思っていたのがこの仕事を目指したきっかけです。15年もつづけてこれたのですから、自分に合っていると思っています。
ドライバー職の面白いところは、日本中の色んな地方に行けるところですね。北海道から九州まで全国を「制覇」してきました。有名アーティストのコンサートツアーがあると、イベントの資材を積んだ大きなトラックが移動するじゃないですか。あれを担当したことがありまして、これまでで一番印象に残っている仕事です。私のトラックが事故を起こしたり遅れたらコンサートを開催できないので責任重大ですが、それだけにやりがいも十分でした。
川﨑トランスポートの魅力は、社長だけでなく社員の仲間意識が強いところでしょうか。会社主催の行事が多いので、一緒に頑張っている仲間と遊ぶことも楽しめるような人だと、うちの会社にハマると思います。こんな話を聞いて「どんな会社?」と思われた方は、ぜひ一度私たちの会社をご自身の目で見て何かを感じ取ってもらえればと思いますね。

中学校の頃から、4t車のような大きなトラックが好きでした。そんな憧れの気持ちでトラックに乗るようになりました。 S 雑貨部長/配車担当

中学校の頃から、4t車のような大きなトラックが好きでした。そんな憧れの気持ちでトラックに乗るようになりましたが、乗っているうちにもっと大きいのにも乗りたいと思うようになり、トレーラーにも乗るようになりました。社会人になってからずっとドライバー一筋、今年で24年目です。そのうちトレーラー歴は12年です。
会社には色んな仕事がくるので、自分としてもより多くの仕事の対応できるようになりたい思いがあります。何でもできる人材になっておけばそれだけ会社の戦力として機能できるでしょうし、それだけ自分の価値も高まると思うからです。乗れる車両の種類を増やしてきたのと同じように、今後は事務方の配車業務などにも本格的に関わっていけるようになっていきたいなとも思っています。
そう思うのも、川﨑トランスポートがまだまだ若い会社で社長も若いので、成長力や伸びしろを感じるからです。会社がもっと大きくなったときに自分もその中で活躍できるポジションにいたいと思うと、まだまだ勉強ですね。 これから運送の仕事をする方には、転職への不安があるでしょう。運転はできるけれど果たして仕事になるのかという不安があって当然です。思うようにならなくて心が折れそうになることもあると思いますが、それをサポートするのが会社なので、まずはやってみようの精神が大事なんだと思います。

採用エントリーはこちら